会社ごとの違い

ネット通販でカードを使用する女性

海外プリペイドカードは、インターネット上から発行会社に手続きすることも可能です。
他にも各金融会社のカウンターでも発行を行うことが可能です。
どちらも審査がいらないので、すぐに発行してもらうことができます。
即日発行は、プリペイドカードの大きな魅力です。
また、会社によっては入会金や年会費が無料のところもあります。
すぐに無料でカードを作ることができ、お金を入金することが可能です。

プリペイドカードは、海外の訪問する国の通貨を使うことができるのか確認することが大切です。
海外の地域によっては、通貨が対応していないということもあります。
自分が行く地域の通貨がなんなのか、カードがそれに対応しているのかカードを申し込む前に確認する必要があります。
また、入金や出金の限度額も、カードによって異なります。
自分がどの程度現地で使うか考えた上で、カードを選んでいくことが大切です。
多くのところが1日の入金の限度額が100万円です。
月額では200万円が限度額とされています。
出金の場合、安くて1日10万円で30万円程度が限度ということもあります。
それぞれカードの確認を行うことが必要です。

海外のプリペイドカードは、個人の海外旅行だけでなく、会社でも使用することができます。
ビジネス用のプリペイドカードは、個人のものよりも出入金が少々高めに設定されていることが多いです。
他にもビジネス用ならではのサービスがあることもあります。
インターネットや金融会社のカウンターで相談することにより、よりシステムに合ったものを選ぶことができます。